テーマ:2010ワールドカップ

ワールドカップ南アフリカ大会で見えたサッカーのトレンドとは?

スペインの初優勝で幕を閉じた今回のワールドカップ南アフリカ大会。 フランスやイタリアといった第1シードの国がグループリーグで敗退するなど、何かとサプライズな出来事が多かったが、それも含めて今大会は実に妙な大会だったように感じる。 そして、ゴール数が少なかったことでも証明されるように、攻撃よりも守備を重要視するサッカーが目立った大…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

岡田監督が費やした約2年半と、次期監督選び

どうやら、現在日本国内では今回の日本のサプライズの余韻に浸りながらも、その一方で次期監督候補が話題となっているようだが、やはりその前に「岡田ジャパン」を改めて検証しなければいけない。 そうしなければ、次なる監督選びもつじつまが合わなくなってしまうからだ。 これまで日本代表は、ほぼ一貫性のない強化方針で時を過ごしてきた。大会直前ま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

日本はパラグアイ戦にどのように挑むべきか

“ラステンバーグのサプライズ”で、グループリーグ突破という快挙を成し遂げた日本代表。その試合については、「スクデットモバイル」でレポートしたので、ここでは省かせていただく。 とにかく、すべてのラッキーが日本に転がり込んだことで、必死に戦ったデンマークに対して3-1というパーフェクトな勝利を残すことに成功した。 そして…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

それでも、岡田ジャパンに苦言を呈する理由

6月19日、ダーバンで行われたオランダ対日本の一戦。 お互い勝ち点3同士の戦いとなったわけだが、その立場は大きく違っていた。 優勝を狙えるだけの実力者オランダは、この日本戦で確実に勝ち点3を稼ぎ、一足先に決勝トーナメント進出を決めたい。 一方の日本は、格上相手に勝負を挑むのは得策ではないと判断した指揮官が、またしても守備的サッ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

いよいよ、パンドラの箱は開けられる……

今日、いよいよ日本代表がワールドカップの初戦、対カメルーン戦を迎える。 しかし、岡田監督の韓国戦以降の混乱ぶりは相当なレベルに達しており、サッカーをよく知るファンであれば、そこに大きな期待を寄せられないというのが実際のところである。 準備の悪さで言えば、出場国中最下位にあると言っても過言ではないだろう。 現状、今日のスタメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010FIFAワールドカップ日本代表メンバー23人予想

いよいよ来週月曜日、5月10日にワールドカップ南アフリカ大会に臨む日本代表メンバーが発表される。 当日は、岡田監督の口から23人の名前が呼ばれることになるが、その前に、現時点におけるワールドカップメンバーの予想をしてみたい。 一般的に、ワールドカップのメンバー23人は、GK3人と、それ以外の20枠をフィールドプレーヤーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこよりも早い(?) 2010年FIFAワールドカップ本大会組み合わせ大予想!

ついに2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会の出場全32ヶ国が決定しました。 出揃ってみれば、さもありなんという顔ぶれではありますが、それでも初出場のスロヴァキアを含め、それなりに面白い大会になりそうな予感もしてきます。 そこで今回は、いつもとちょっと路線を変えて、どこよりも早く(?)本大会のグループ分けの予想をしてみる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more